外国人

英会話の先生が「「外人」じゃなく「外国人」って呼んで」と言った思い出。英会話の先生が「「外人」じゃなく「外国人」って呼んで」と言った思い出。

小学生の時英会話に通っていました。
全然覚えていませんけど。
行くだけ行って、何習ってたんだよ・・・っていうくらいその時習ったこと覚えていませんけど。

ま、小さい時なんて自分で習おうと思って通う訳じゃないので、親に言われるがままなんとなく言っていたんでしょうね。

今も英会話のレッスンに通っています。
なかなか喋れませんけど。
でも、子供の時の英会話よりは、自ら学びたいという気持ちがあるので楽しいです。

英会話の先生は自分のことを

「ガイジン」

って言います。

先生は日本語があまりわかりませんが、きっと周りが先生のこと

「ガイジンさん」

って呼ぶんでしょうね。

でも私は外国の人をガイジンとは呼ばないです。
外国人、外国の人、アメリカ人、イギリス人、そんな風に呼びます。

私が子供の時に通っていた英会話教室の先生が

「ガイジン」

って呼ばれるのが嫌いだったんです。
なんだか排除されている気分になるって言っていました。なので、

「外国人って呼んで。」

って言っていました。

なんだか子供心に申し訳ないように思ったんですよね。
それ以来、私は

「ガイジン」

って言ったことないんじゃないかなぁ。

なんて思い出していてふと気が付きました。
子供の頃の英会話の先生。

「日本語が全然わからない。全く喋れない。」

と言っていました。
でも、なんで「ガイジン」が排除されていると思ったのでしょうか?

ガイ=外の人だから排除されているっておもったんでしょうね。
ガイコクジンは外国の人だからOK。

外国人

ここまで考えて、どう考えてもあの先生日本語わかってたって思いました。
それどころか漢字もわかっていましたよね。
日本語が通じなくて苦労した覚えがあるのに、絶対ペラペラだったよ。
騙された~っ!